• 当院では一般内科診療とともに、胃と大腸の内視鏡を主とした診療をしています。

  • 超音波診断装置、胸部・腹部の単純レ線装置もありますが、バリウムによる胃レントゲン検査、骨塩定量には対処できません。

  • 内視鏡の洗浄器は2台あり、上部内視鏡及び下部内視鏡はそれぞれ個別に洗浄しています。

  • 下部内視鏡検査前には洗浄液を飲んで腸をきれいにする必要があり、洗浄液を飲んでいただく訳ですが、その為のウォッシュレット付きのトイレのある個室がありますので、安心して準備ができます。

​内視鏡洗浄器

​大腸内視鏡準備室

​胃内視鏡の実際

  • 当院では、原則的に胃の内視鏡では,BLIあるいはLCIといった画像強調モードでの観察ができるScopeを用いています。

  • それにより僅かな色調の変化から、画像強調モードでの拡大観察をすることにより、癌の早期発見ができます。

  • 下の図左側は通常光での観察でやや赤みを帯びた粘膜が見られますが、これだけでは癌を疑うことは難しいです。

  • ​ところがBLIという画像強調モードで拡大観察すると、右側の画像のように粘膜の引きつれと不整な微細血管が明らかになり、癌と分かります。

​大腸内視鏡ポリープ切除

  • ​下の図は大腸のポリープです。表面の模様がわかるように青い色素がかけてあります。

  • 右となりはFiceという拡大強調画像で表面の模様を見たところです。

  • 下左はポリープの根元に生食水を注入して、粘膜だけを浮かせて、電気メスの針金で絞扼して切除しているところです。

  • 下右は切除した後です。

  • ​ポリープの一部にがん組織がありましたが、完全に切除されていました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now